映画パンフレットは買取できる?買取方法・おすすめの買取店舗を解説

映画パンフレットは買取できる?買取方法・おすすめの買取店舗を解説

映画館に行くと購入できる「映画パンフレット」

記念やコレクションの一環で、購入する人も多いと思います。

ですが知らないうちに数が多くなって処分に困っているのではないでしょうか?

できるなら買取業者に依頼して少しでもお金に変えて処分したいですよね。

結論からいうと、映画パンフレットは買取方法によっては高額で売れる商品です。

当記事では、映画パンフレットの買取詳細から買取方法・買取店舗について紹介します。

あなたの映画パンフレットに最適な買取方法が見つかるため、ぜひ最後までご覧ください。

映画パンフレットは買取できる?

映画パンフレットは買取できる?

映画パンフレットの買取を考えている方は「本当に買い取ってもらえるのか不安」と悩むと思います。

こちらでは映画パンフレットの買取基準になるポイントをいくつか説明します。

少しでも高額で買い取ってもらうためにも、ぜひ参考にご覧ください。

1980年までのパンフレットなら買取可能

映画パンフレットの買取は、1980年代までのものがボーダーラインといわれています。

もちろん1980年以降の映画パンフレットも買取は可能ですが、高額査定を期待できないのが現実です。

古い商品は希少性が高くて一部のコレクターからも人気で、高額になる可能性があります。

持っている映画パンフレットがいつ購入したものなのかを事前にチェックしておきましょう。

買取店の中には、80年代のパンフレットを持って行ったとしても、買い取ってもらえないこともあります。

条件は、店舗によって違うため、あらかじめ確認することが重要です。

発行部数で価格が決定

映画パンフレットの査定額は、発行部数が大きく影響します。

発行部数の少ない映画パンフレットなら売価の20~30%程度、多ければ10%程度と言われています。

例えば、発行部数の多い映画パンフレットが100円で売られていたとしたら、買取価格は10円程度です。

発行部数が少ないものほど高額査定されます。

よって、あえてマニアックな映画パンフレットを買取に出すのも良いかもしれません。

数万円の価値がつくレアなパンフレットも存在する

映画パンフレットの多くは1,000円程度の買取額が相場ですが、なかには数万円の価値がつくプレミア品もあります。

とくに有名俳優や女優が無名だったときに初出演していた作品はプレミア価値が期待できます。

例えばジョニー・デップが初主演したクライ・ベイビーは、当時300円だった映画パンフレットが数千円の価格で取引されているそうです。

このように安価な映画パンフレットも出演者や年代によって高額になるため、必ず捨てずに置いておきましょう。

買取例

  • 洋画「戦う翼」 買取金額:3,600円
  • 洋画「HULK THE INCREDIBLE(インクレディブル・ハルク)」買取金額:3,500円
  • 洋画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」買取金額:3,000円

※店舗・作品・状態によって変動する可能性あり

映画パンフレットを売れる3つの方法

映画パンフレットを売れる3つの方法

映画パンフレットを売れる方法は、以下の3つがあります。

  1. オークション
  2. フリマサイト
  3. 専門の買取店舗

それでは順番に説明します。

1.オークション

オークションとは、ヤフオクやモバオクといったオークションサイトのことです。

誰でも自由に出品ができて、落札者によって買取額が上がっていくことが特徴です。

多くの落札者が集まれば金額は大きく上がるため、予想以上の値段で売ることを期待できます。

注意点は、オークションは個人間のやり取りのため、トラブルが発生しないよう、十分気をつけることです。

またオークションサイトによっては、会費が必要なことあります。

2.フリマサイト

フリマサイトは、メルカリやラクマといったフリマサイトです。

現在ではスマホのアプリで展開されており、誰でも手軽に利用できます。

フリマサイトでは自分で売却価格を設定できるため、自分の希望額に合わせられます。

ただしコメントから値引き交渉があるため、相手の希望と自分の希望をすり合わせていくことが大切です。

3.専門の買取店舗

最後は専門の買取店舗に依頼する方法です。

書籍から映画パンフレットまで幅広く査定してくれるプロがいる店舗なら、適切な価格で買取をしてくれます。

もし買取額に疑問があれば理由をしっかり答えてくれるため、納得いく買取ができます。

さらに直接店舗に行かなくても配送や出張買取もしてくれるため、手間もかかりません

買取店舗によっては自分で梱包が必要なことも。

買取の依頼するときは事前にチェックしておきましょう。

映画パンフレットのおすすめ買取店舗5選

映画パンフレットのおすすめ買取店舗5選

映画パンフレットの買取をしてくれるおすすめ店舗は、以下の5つです。

  1. 駿河屋
  2. 澤口書店
  3. 海星堂書店
  4. くじら堂
  5. 三日月堂

それでは順番に紹介します。

1.駿河屋

駿河屋

駿河屋」は、映画パンフレットをはじめ漫画やアニメ、フィギュアなどマニア向けの商品買取をしている店舗です。

国内有数の運営実績を誇っており、全国各地に店舗を展開しています。

宅配サービスは「あんしん買取」「かんたん買取」の2種類が用意されていています。

あんしん買取は発送前に見積もり金額を調べられ、かんたん買取はダンボール箱に詰めてそのまま発送が可能です。

あんしん買取は査定額が3,000円以上、かんたん買取なら買取点数30点以上で送料無料になります。

事前に正確な見積もりを出して買取をしてほしい方におすすめです。

2.澤口書店

澤口書店

澤口書店」は、年間1,500件を超える買取実績を持つ信頼性の高い店舗です。

深い専門知識を持ったスタッフが常駐しており、映画パンフレットだけでなく、映画原作の本などジャンルに偏らず、適切な価格で買取をしてくれます。

澤口書店の最大の特徴は、全国どこでも無料出張してくれる点です。

宅配買取では配送料を負担してくれるため、無駄な費用をなくせるでしょう。

さらに店頭買取では年中無休で対応しており、数冊からでも即時査定してくれます。

パンフレットの状態や、発行年によっては、買取が難しいものもあります。

澤口書店であれば、買い取れない本は、無料で引き取ってもらえるため、本棚を片付けたい方におすすめです。

3.海星堂書店

海星堂書店

海星堂書店」は、創業40年にわたり年間5,000件以上の買取実績がある老舗店舗です。

パンフレットをはじめポスターやチラシなど映画関連の商品を幅広く買取しており、年代の古いものも丁寧に査定してくれます。

どんな商品が買取できるのかを的確に説明してくれるため、安心して買取を相談できます。

もし海星堂書店の買取で不得意なジャンルがあれば、古書組合加盟店のなかから専門店を紹介してくれる店もポイントです。

実績のある老舗店舗で買取をしてほしい方におすすめです。

4.くじら堂

くじら堂

くじら堂」は、専門性の高いマニア向けの本の買取をしている店舗です。

全国古書籍商組合に所属しているプロが丁寧に査定してくれるため、信頼性の高さと適正な査定が特徴です。

業者買取や遺品買取、古本の寄付など様々なサービスに力を入れています。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りだけでなく、出張手数料も無料です。

宅配買取は全国で対応しており、どこからでも送料無料となっています。

埼玉・東京近郊であれば即日出張も相談でき、関東地方の方にもおすすめの店舗です。

5.三日月堂

三日月堂

三日月堂」は、古本を中心にパンフレットやレコード、ラジオ、釣り道具など幅広い商品の買取をしている店舗です。

大型チェーン店のようなマニュアル査定ではなく、趣味分野に特化した個人店ならではの買取査定をしてくれます。

全国どこでも無料出張ができて、遺品整理や引越しなどの大量買取も可能です。

古いものでも価値を丁寧に評価してくれるため、傷や汚れがあるパンフレットでも買取をしてくれます。

買取対象のジャンルは紹介する店舗のなかで一番多いため、映画パンフレットと一緒にほかの商品も買取をしてほしい方におすすめです。

映画パンフレットを高く買い取ってもらう3つのコツ

映画パンフレットを高く買い取ってもらう3つのコツ

映画パンフレットを少しでも高く買い取ってもらいたい方は、以下の3つのコツを参考してください。

  1. 綺麗な状態に保管しておく
  2. 複数の店舗の相場を知っておく
  3. キャンペーンをやっている店舗を選ぶ

それでは順番に解説します。

1.綺麗な状態に保管しておく

まずは映画パンフレットを綺麗な状態に保管しておくことが大切です。

これは映画パンフレットに関わらず買取をするときの最低条件となります。

商品の価値は状態で決まるといっても過言ではなく、大きく影響するポイントです。

拭いても落ちない傷や汚れはしかたありませんが、対処できる部分はケアをしておきましょう。

とくに映画パンフレットは直射日光に当たりすぎると変色する恐れもあるため、影になる収納場所を見つけて丁寧に保管することをおすすめします。

2.複数の店舗の相場を知っておく

次に複数の店舗で相場を知っておくことも大切です。

理由は店舗によって得意な買取ジャンルが異なるため、査定額に変動が生じるからです。

また在庫が少ない店舗のほうが、価値を見出してもらえる傾向にあります。

買取店舗によっては事前に商品の見積もりを出せるため、複数の店舗で相場をチェックしておきましょう。

3〜5店舗程度の買取相場を出しておけば、自分が売りたいパンフレットを正当に評価してくれる店舗が見つかります。

3.キャンペーンをやっている店舗を選ぶ

買取店舗によっては買取強化のキャンペーンをやっている店舗もあるため、少しでも高く買い取ってほしい方はそちらを選びましょう。

キャンペーン対象の商品は通常よりも買取額がアップするため、相場よりも高く売れます。

店舗によってキャンペーンは不定期で開催されます。

買取を考えている店舗のホームページやSNSをチェックしておくと良いでしょう。

映画パンフレットの買取を申し込んでみましょう

映画パンフレットの買取を申し込んでみましょう

今回は、映画パンフレットの買取方法やおすすめの店舗について紹介しました。

映画パンフレットの価値は1980年代がボーダーラインのため、古い商品を持っている方は積極的に買取に出すことをおすすめします。

また発行部数の少なさによっても査定額は変わるため、どれくらい人気があった映画なのかもチェックしてみましょう。

マニアには需要がある映画パンフレットの売り方はさまざまです。

あなたに合った方法でぜひ一度買取をおこなってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です