古書の買取はどこがいい?東京・大阪のおすすめ書店とジャンルを解説

古書を売ろうにも、どの買取先がよいのか決めかねていませんか?

この記事では、古書買取のおすすめサービスを東京・大阪ごとに解説します。

古書のジャンルや高く評価してもらうためのポイントと併せて、参考にしてみてください。

記事の内容を参考にすることで、スムーズに買取サービス選べ、なおかつ古書に関する知識も得られます。

古書と古本の違いとは?

古本と古書は、ともに「古い本」を表す言葉ですが、それぞれのニュアンスは微妙に異なります。

  • 古書:絶版となった古い書物
  • 古本:一度誰かの手に渡った中古本

明確な定義はありませんが、古書とはすでに絶版となった古い書物のこと。

古い資料など歴史的価値が高い書物や、ISBN・バーコードがない時代に出版された本なども含まれます。

すでに絶版となっている古書は、流通量の少なさゆえ希少性が高く、高値をつけられるケースが珍しくありません。

一方古本とは、いわゆる中古本のこと。

たとえ新刊であっても、一度誰かの手に渡った本は古本と呼ばれます。

限定本・人気作品を除くと、古本は定価よりも安くなるケースが一般的です。

古本と古書を見分ける際には、ISBN・バーコードの有無で判断するとよいでしょう。

ISBN・バーコードは1980年代に導入されたため、コードがあれば比較的新しい書籍(古本)、コードがなければ絶版となった書籍(古書)と判断できます。

古書を買取不可とする書店もある

大手チェーンの古本屋には、古書を取り扱わない店舗が多くみられます。

理由は、下記の2つです。

  • ISBN・バーコードがなく商品管理がしにくい
  • 査定に専門的な知識・経験が求められる

多くの書店では、ISBN・バーコードを使って商品を管理しているため、コードがない古書を買い取った場合、手作業で管理しなければなりません。

そのため、商品管理に手間のかかる古書を、買取対象外とする店舗が多いのです。

査定額は、再販時の相場をもとに算出するケースが一般的です。

しかし、流通量の少ない古書では相場が形成されず、査定員が自身の経験・知識をもとに価格を付けなければなりません。

したがって、古書の適正価格を算出するには、幅広い書籍の知識と豊富な査定経験が求められます。

仮に、価格を誤れば、書店側・お客さん側のいずれかに不利益をもたらすため、取扱の難しさから古書の買取を対象外とする書店が多いのです。

古書の買取対象ジャンル

ひとえに古書といっても、様々な書籍ジャンルがあります。

  • 専門書・学術書
  • 医学書
  • 理工書
  • 戦記・軍事書籍
  • 歴史書・歴史資料
  • 宗教書・言語書
  • 美術書
  • 書道書

それぞれのジャンルについて詳しく解説します。

1.専門書・学術書

専門書・学術書とは、学問・技芸など特定分野に関する研究成果などを記した書籍のこと。

専門書・学術書には、

  • 建築書
  • デザイン書
  • ビジネス書
  • 法律書

など、様々なジャンルが含まれ、主に研究者や大学院生などが読みます。

専門書・学術書は流通量が少なく、1冊あたりが高価なため、古書でも値崩れしにくいのが特徴です。

また、専門性が高い書籍は需要が高く、プレミアがつくこともあります。

倉庫で眠っている専門書に、思いもよらない高値がつけられるかもしれません。

2.医学書

医学書とは薬や病気、解剖など人体についてまとめた専門書のことです。

医学書には、

  • 東洋医学
  • 西洋医学
  • 解剖学
  • 薬学

などのジャンルがあります。

医学書は、医者や看護師、鍼師や検視官など、人体に関わる職業人や医学生からの需要がほとんどです。

医学の進歩に合わせて書籍も改訂・最新版が刊行されるため、新しい医学書に高値が付く傾向にあります。

しかし、専門性が高い場合には、古書にでも1冊あたり数万円の価値が付くものもあります。

まずは、自分で判断するのではなく、買取サービスへ問い合わせるとよいでしょう。

医学書の種類や買取相場を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

医学書の買取はできる?種類・相場・おすすめ買取店舗を詳しく紹介!

3.理工書

理工とは、理学と工学を組み合わせ、総合的な研究をおこなう学問のこと。

理学と工学は、それぞれ下記の分野を取り扱う学問です。

  • 理学:自然界の基本法則・仕組みを探求する
  • 工学:理学を応用し科学技術を創造する

理工書には、理学・工学のどちらか一方を取り上げた書籍と、双方を一貫して取り上げる書籍が含まれます。

工学書は技術が発展する関係で、古書よりも新書に高値がつく傾向にあります。

一方、理学書は普遍的な法則や自然科学を取り扱うため、たとえ古書であっても価値が下がりにくいのです。

工学・理学を合わせた理工書は、刊行日が新しい書籍ほど高値をつけられる傾向にあります。

いずれにせよ、専門性の高い書籍であれば、価値を高く評価されるため、一度査定してみることをおすすめします。

4.戦記・軍事書籍

戦記とは、戦争記録や戦争を題材にした書籍のこと。

戦記の歴史は古く、鎌倉時代(600年以上前)の平家物語も戦記に分類されます。

また、軍事資料や世界の軍備に関する書籍などは、軍事書籍に含まれます。

軍事書籍は、ミリタリーファンからの需要が非常に高く、古書であっても高値がつきやすいです。

中でも、戦時中の軍事資料・古い写真はプレミアがつきやすいため、捨ててしまう前に買取を依頼するとよいでしょう。

5.歴史書・歴史資料

歴史書・歴史資料には、

  • 西洋史
  • 東洋史
  • 日本史
  • 考古学
  • 戦国時代
  • 江戸時代
  • 明治時代

など、様々な国・時代の書籍が含まれます。

研究員・大学教授など職業人からの需要よりも、マニア層からの需要が高い点が特徴です。

歴史マニアには、日本の戦国時代を好む方が多いため、お城や戦、武将に関する歴史書には高値がつきやすいのです。

また、明治時代の資料は、希少性に加え文化的・歴史的価値も合わさり高額買取が期待できます。

ただし、古い書物は紙質が悪く傷みやすいため、買取を検討している場合には、丁重に扱うことをおすすめします。

6.宗教書・言語書

宗教書とは、

  • 仏教
  • 神道
  • キリスト教
  • イスラム教
  • ユダヤ教
  • ヒンズー教
  • 新興宗教

に関する書籍のこと。

日本では馴染みの薄い宗教ですが、欧米やアフリカでは、政治や人々の暮らしに影響を及ぼすほど身近な存在です。

そのため宗教書は、研究者・学者から歴史的・学術的な価値を高く評価され、高値が付くこともあります。

7.美術書

美術書は美術を主題とする書籍の総称のこと。

  • 日本美術
  • 西洋美術
  • 中国美術

など、国や時代により様々な絵画や技法が掲載されています。

美術書は供給量が少ない上に、コレクターによる需要が高いため、高値がつきやすいジャンルです。

有名作家が関わった書籍では、1冊あたり数万円に及ぶケースもあります。

美術書の買取相場や対象ジャンルについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

美術書は買取できる?種類・相場・店舗から高く売るコツを徹底解説!

8.書道書

書道書とは、技術書や作品集などを含め、書道を主題とする書籍の総称のこと。

書道は6〜7世紀ごろに日本へ伝来した、長い歴史を持つ造形芸術です。

発祥地である中国の書道書は希少性が高く、プレミアがつくこともあります。

古書店の中には、書道用品を取り扱う店舗もあるため、不要な場合には、まとめて買取依頼をしてみてはいかがでしょうか。

書道書の買取ジャンルと相場を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

古本でも買取できる!書道書の相場やジャンル・買取方法を紹介!

東京付近でおすすめな古書の買取サービス3選

東京付近でおすすめな古書の買取サービスは下記の3つです。

  • 澤口書店
  • 東京書房
  • 長島書店

各書店のおすすめポイントと基本情報を解説します。

おすすめ1.澤口書店

澤口書店」は、神保町に店を構える古書店です。

古書買取の専門知識を持ったスタッフが常駐しており、適切な価格で買取を提案してくれます。

また、取扱ジャンルも幅広く、先ほど紹介した買取ジャンルのすべてを網羅しています。

買取実績は年間1,500件以上を誇るため、安心して利用できるのではないでしょうか。

おすすめ2.東京書房

東京書房」は創業70年を誇る老舗書店です。

長年培った確かな目で古書の適切な価格を査定してくれます。

店頭買取・宅配買取・出張買取など様々な買取方法に対応しているため、自分の都合に合わせやすい買取サービスでしょう。

おすすめ3.長島書店

長嶋書店」は古書以外に写真・古地図・絵葉書なども取り扱う古書店

査定は、最低20年以上の修行をした専門のスタッフが担当します。

遺品整理・蔵書整理にも対応しているため、大量の書籍を処分したい方におすすめです。

大阪でおすすめな古書の買取サービス3選

続いて、大阪でおすすめな古書の買取サービスを3つ解説します。

  • 藍青堂書林
  • 福永懐徳堂
  • 杉本梁江堂

近畿在住の方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ1.藍青堂書林

藍青堂書林」は、古書の中でも専門書・学術書を得意とする買取サービスです。

藍青堂書林は無店舗かつ少人数で運営しているため、高価買取を実現できるとのこと。

また、独自の再販ルートを持つため、大量買取にも対応しています。

医学書・理工書など、専門書をまとめて売りたい方に適しているのではないでしょうか。

おすすめ2.福永懐徳堂

福永懐徳堂」は、教養・文化・文学関係の書籍を得意とする書店

美術書や工芸本・趣味雑誌など幅広いジャンルの古書に精通しています。

古本取扱40年の店主が査定してくれるため、適切な価格を算出してくれるでしょう。

おすすめ3.杉本梁江堂

杉本梁江堂」は、明治36年創業の歴史ある古書店です。

店頭買取・宅配買取・出張買取に対応していますが、必ず店主が査定・対応しています。

長年、古書店を営んでいる実績があるため、安心して利用できるのではないでしょうか。

古書を高く評価してもらうための3つのポイント

古書を少しでも高く買取ってもらうには、下記3ポイントの確認が大切です。

  • 専門知識を持ったスタッフの有無
  • 古書の買取実績が豊富かどうか
  • 書店の特色と書籍ジャンルの適合性

それぞれ、詳しく解説します。

ポイント1.専門知識を持ったスタッフの有無

古書の査定には、専門知識・古書買取の経験が求められます

その証拠に、先ほど紹介した書店では、専門スタッフや店主が査定を担当しています。

​​仮に、経験の浅いスタッフが古書の査定をおこなえば、書籍本来の価値を見落とし、査定額が安くなる可能性も。

したがって、古書を高く評価してもらうには、利用する買取サービスに、専門知識を持ったスタッフがいるかどうかの確認が重要です。

査定員に関する情報は、各書店のホームページに記載があるため、利用前に確認してみてはいかがでしょうか。

ポイント2.古書の買取実績が豊富かどうか

古書の買取実績が豊富かどうかの確認も大切です。

買取実績が多い書店は多くの古書を扱い、査定の目が養われているため。

また、買取実績と併せて書店のクチコミ・評判も確認するとよいでしょう。

査定結果に対する感想のみならず、対応の良し悪しについても把握でき、優良な書店かどうかを見極められます。

ポイント3.書店の特色と書籍ジャンルの適合性

特に、歴史ある古書店では、スタッフの専門性お客さんの需要をもとに、得意ジャンルを設定するケースが少なくありません。

スタッフが専門とするジャンルの書籍は、適切に査定してもらいやすく、需要が高いジャンルであれば、在庫確保のために相場よりも高めに価格を設定するケースもあります。

書店の得意ジャンルは、ホームページに記載されているため、売りたい古書のジャンルにあわせて書店を選ぶとよいでしょう。

古書を高く評価してくれる書店を選び買取してもらいましょう

この記事では、古書買取のおすすめサービスを東京・大阪ごとに解説しました。

古書は種類によって価値のつき方が異なるため、専門スタッフがいる書店を選ぶことが大切です。

利用する買取サービスを決めかねる場合には、今回紹介した書店の中から選んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です