古本を1円でも高く売るにはどこがいい?高く売るコツとおすすめサービス3選

せっかく古本を売るのであれば、1円でも高く売れたら嬉しいですよね。

中には、

  • 古本を初めて売る方
  • 売ったことはあるもののどうすれば高く売れるのかわからない方

も多いのではないでしょうか。

この記事では、古本・漫画を高く売るためのコツとおすすめのサービスを解説します。

本記事を参考にすると、古本や漫画を手軽かつ納得のいく金額で売れるでしょう。

古本・漫画の売り方は2種類ある

古本・漫画を売る方法は、2種類あります。

自分で売る」もしくは「買取サービスで売る」です。

「自分で売る」は、本を欲しいと思っている人に直接売る方法のこと。

有名なサービスには、「メルカリ」や「ラクマ」などのフリマアプリと「ヤフオク!」などのオークションサイトがあります。

一方「買取サービスで売る」は、古本屋さんや買取専門業者などに買取ってもらう方法です。

ブックオフでの買取などが分類されます。

この章では、「自分で売る」「買取サービスで売る」双方の特徴を詳しく解説します。

売り方1.「自分で売る」

古本・漫画を自分で売るメリット・デメリットは次の通りです。

メリット デメリット
  • 古本・漫画の相場価格で売れる
  • スキマ時間を活用して本を売れる
  • 規約内であればどんな本でも出品可能
  • 出品・梱包・発送などの手間がかかる
  • 手数料・資材費などのコストがかかる
  • 他の出品者と価格競争になりやすい
  • 出品しても必ず売れるとは限らない

古本・漫画を自分で売る一番のメリットは、古本・漫画の相場価格で売れること

自分で売る場合には間に業者が入らない分、相場に近い金額で本を売れます。

また価格を自由に設定できるため、「早く売りたいから安めに」「売上重視で高めに」などの調節が可能です。

ただし出品・梱包・発送などの手間がかかる点は、大きなデメリットです。

冊数が少ない場合は1時間程度で出品できますが、100冊以上の出品ともなれば丸一日かかる恐れもあります。

古本の売れ行きにはばらつきが生じるため、不要な古本・漫画をまとめて処分したい方には適さない方法です。

売り方2.「買取サービスで売る」

買取サービスで売るメリット・デメリットは、次の通り。

メリット デメリット
  • 自分で売る場合よりも手間が少ない
  • まとめて売れるため短期間で片付けられる
  • 価格がつかない本を処分してくれる書店もある
  • 自分で売る場合よりも安くなりがち
  • サービスごとに買取対象外の書籍がある
  • 持ち込み・箱詰めなど細かな作業がある

買取サービスを利用する一番のメリットは、自分で売る場合よりも手間が少ないこと。

買取サービスでは写真撮影や紹介文の作成などの出品作業が不要な上に、古本・漫画をまとめて買取してくれます。

たとえ冊数が多い場合でも手軽かつ短期間で現金化できるのは、買取サービスならではの魅力です。

一方で、自分で売る場合よりも買取額が安くなりがちな点は、デメリットといえます。

手間をかけてでも高く売りたい方には適さない方法です。

古本・漫画は自分で売る方が高く売れるがデメリットもある

古本・漫画を「自分で売った」場合の売上と「買取サービスを利用した」場合の買取金額を比較すると、自分で売った方が高く売れます

しかし、古本・漫画を売るためにかかった時間や手間などを総合的に判断すると、必ずしも「自分で売る」方がお得とは限りません。

メルカリをはじめとするフリマアプリで古本を売る場合には、商品ごとに写真撮影・紹介文の作成・相手とのやり取り・梱包・発送など、多くの労力と時間がかかるためです。

一方、買取サービスでは古本・漫画を店舗に持ち込む、もしくは段ボールに詰めて送るだけ。

100冊の本を売る場合でも、1〜2時間程度の作業で済むでしょう。

買取サービスを利用し空いた時間でお出かけをしたり、読書を楽しんだりもできます。

自分の時間を有効に使える点は、買取サービスならではの魅力といえます。

古本・漫画を手軽かつ高く売るなら「宅配買取」

古本・漫画の買取方法には、

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

の3種類があります。

店頭買取は自分で持ち込む手間こそかかりますが、当日中に買取を完結できる点が魅力です。

出張買取は自宅まで買取に来てくれるため手軽に利用できますが、出張エリアが限定されておりエリア外にお住まいの場合には利用できない点が難点といえます。

店頭買取・出張買取の中間に位置する宅配買取は、古本を自分で持ち込む必要がなく、なおかつ居住地に関係なく利用できる買取方法です。

売りたい本を段ボールに詰めて送るだけで査定〜買取が完結するため、自分の都合にも合わせやすいでしょう。

また郵送さえできれば買取が可能なため、近所に買取サービスがない場合でも利用できます

古本・漫画を手軽かつ高く売りたいのであれば、買取サービスの宅配買取がおすすめです。

古本・漫画の買取に強いおすすめ宅配買取サービス3選

古本を高く売るためには、買取サービス選びが重要です。

理由は、利用する買取業者によって査定額が大きく異なるため。

本章では、古本・漫画の買取に強いおすすめな宅配買取サービスを3つ紹介します。

  • 澤口書店
  • 買取王子
  • ブックオフ

利用する買取サービスを決めかねている方は、ぜひ参考にしてみてください。

買取サービス1. 澤口書店

澤口書店」は、年間買取実績が1,500件を超える古書店です。

実績が豊富ということは、査定額に納得する人が多い証拠。

古本買取の専門知識を持つスタッフが常駐しており、一冊ずつ適切な価格を算出してくれます。

値段が付かない本があったとしても、まとめて売ることで買い取ってもらえることもあります。

また宅配買取の送料が無料なため、負担なく利用できる買取サービスです。

送料 無料
振込手数料 無料
ダンボール配布 なし
返送料 自己負担
ISBNのない本の買取 可能

買取サービス2. 買取王子

買取王子」はお得なキャンペーンを数多く開催する買取サービス

たとえば100冊の本をまとめ売りすると、査定額が1,000円アップなどです。

古本・漫画以外にブランド品・家電・ゲームなど計60種類以上の買取ジャンルにも対応しています。

古本・漫画以外の不用品もまとめて処分したい方に適したサービスでしょう。

送料 無料
振込手数料 無料
ダンボール配布 もらえる
返送料 無料
ISBNのない本の買取 不可能

買取サービス3. ブックオフ

ブックオフオンラインブックオフ」は、誰もが知っている大手の古本屋さん

大手ならではの信頼性と充実したサービスが魅力です。

たとえば古本のバーコードを読み取ることで、査定額を算出できる事前見積もりなどです。

査定額に納得した本のみを送るため、好条件で買取してもらえます。

送料 無料
振込手数料 無料
ダンボール配布 なし
返送料 自己負担
ISBNのない本の買取 不可能

買取サービスで古本を高く売るための4つのポイント

買取サービスで古本を高く売るためには、下記4つのポイントが有効です。

  • 買取サービスの繁忙期を避ける
  • 古本・漫画をキレイにしてから売る
  • 付属品と一緒に売る
  • シリーズものはまとめて売る

上記4つのポイントは手軽に実践できる上に有効性が高いため、少しでも高く売りたい方はぜひお試しください。

ポイント1.買取サービスの繁忙期を避ける

古本・漫画の買取価格は、相場や本の状態以外に買取サービスの在庫状況で変動します。

在庫数が多い書籍は売れ残るリスクがあるため、買取価格を下げざるをえません。

また在庫が少ない書籍は、他店に取られないよう高めに値付けするのです。

よって大掃除や引っ越しにより在庫数が増えやすい年末年始や3〜4月、連休の前後は査定を避けるのがおすすめ。

古本・漫画を少しでも高く売るためには、売るタイミングを意識するとよいでしょう。

ポイント2.古本・漫画をキレイにしてから売る

古本・漫画の汚れや日焼け、傷み具合も査定ポイントに含まれます。

状態の悪い本は再販にあたり買い手が見つかりにくいため、減額の対象となるのです。

最悪の場合、本に値段がつけられない場合もあるほど。

したがって古本を少しでも高く売るには、ホコリや汚れをキレイにするのがおすすめです。

ただし古本は水に弱く破れやすいため、乾いた布で軽く擦る程度にしておきましょう。

査定額を上げようとして買取不可になっては意味がないため、過度な掃除は控えてください。

ポイント3.付属品と一緒に売る

本と一緒についてきた箱や雑誌の付録などの付属品は、書籍とセットで買取に出しましょう

中には、付属品を目的とする人もいるため、セットで売る方が査定額アップに繋がりやすいです。

万が一付属品をなくした場合でも、書籍自体に価値がつけられるケースもあります。

自分で買取の可不可を判断するのではなく、買取サービスに問い合わせてみましょう。

ポイント4.シリーズものはまとめて売る

シリーズものの書籍は全巻セットで買い求める人が多いため、まとめて売ることで査定額アップにつながります

特に、漫画は数冊で買取した場合とシリーズセットで売った場合では、査定額に大きな差ができるため、できる限りまとめて売るとよいでしょう。

古本・漫画を売る際のよくある質問

古本・漫画を売る際によくある質問に回答します。

初めて買取サービスを利用する方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q&A1.高く売れやすい本の特徴は?

高く売れやすい本の特徴は、次の2つです。

  • 希少性が高い本
  • 定価が高くなおかつ価値が下がりにくい本

まず、初回限定の書籍や筆者のサイン入り書籍など希少性が高い本は、高価買取に繋がりやすい傾向があります。

すでに絶版となった書籍など、入手が難しい場合も希少性が高く評価されやすいでしょう。

文庫本や単行本は発行部数が多いため、希少性がつきにくいといわれています。

2つ目の定価が高くなおかつ価値が下がりにくい本とは、専門書や学術書などのこと。

特に専門性の高い書籍は発行部数が少なく、なおかつ職業人や学生からの一定数の需要が見込めるため、値段が下がりにくく高価買取に繋がりやすいのです。

Q&A2.キズや汚れのある本は廃棄した方が良いですか?

傷や汚れも査定ポイントに含まれますが、本の価値を決める一要素にすぎません

また古書を専門に取り扱う書店では、あらかじめ経年劣化を想定しているため、価値のある本であれば買取してもらえるでしょう。

自分で判断するのではなく、買取サービスに問い合わせてみてください。

Q&A3.買取サービスを利用するにあたり注意すべき点はありますか?

買取サービスを利用する際には、下記の2点に注意が必要です。

  • 実績のある信頼性の高いサービスを選ぶ
  • サイト内の注意書きや規約を確認する

近年では買取に関するトラブルが増加しており、国民生活センターから注意喚起が出されています。

  • 査定結果が安かったので返却を依頼したら送料負担と言われた
  • 商品の「返送」にも「処分」にも費用を請求する取引条件と言われた
  • ウェブサイト上の目安の買い取り価格とかけ離れている

引用:宅配買い取りサービスのトラブルが増加しています!― 段ボールひと箱分でも数十円!?「手軽に高額査定」のはずが・・・―|国民生活センター

買取サービス側に非があるケースも見られますが、利用者側の確認不足も少なくありません。

買取サービスを利用する際には、実績のある信頼性の高いサービスを利用しサイト内の記載の確認が重要です。

古本・漫画を少ない手間で高く売る

この記事では、古本・漫画を高く売るためのコツとおすすめのサービスを解説しました。

単純な売上のみを見ると「自分で売る」方がお得ですが、手間や時間がかかるため場合によっては「買取サービスで売る」方がお得なケースもあります

古本・漫画を手軽かつ高く売りたい方は、段ボールに詰めて送るだけで買取が完結する「宅配買取」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です