古本を査定するには?3つの買取方法のメリット・デメリットを解説

自宅にある不要な本が部屋を圧迫していませんか?

売りたくても、本が大量にある場合や買取店が遠いと査定に出すのを躊躇しますよね。

しかし、不要な本を売却すると、現金化でき部屋も片付くため一石二鳥です。

この記事では、3つの査定・買取方法やメリット、デメリットを解説します。

それぞれの特徴を知り、自身に合った方法を見つけましょう。

古本買取の査定方法は3種類

古本買取の査定方法は、以下の3つです。

  • 店舗買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

店舗買取が主流ですが、自宅でも古本の査定ができます。

査定方法によって特徴が異なるため、比較してから決めましょう。

査定方法1.店舗買取

店舗買取は、売却したい本を店舗に持っていきその場で査定する方法です。

ポピュラーな方法のため、利用したことがある人も多いのでないでしょうか?

買取が成立すると、現金を店で受け取るため即金性が高いでしょう。

よって、すぐに現金化したい人には店舗買取がおすすめ。

しかし、自身で店に本を運ぶ必要があるため量が多い場合や家から遠い場合は店舗買取は不向きです。

査定方法2.出張買取

出張買取は、自宅に買取業者が来て査定する方法です。

そのため、店舗買取と異なり店に本を運ぶ必要がありません。

また、売却予定の本を梱包する必要がないため手間が少ないです。

本棚から移動せずにそのまま置いておけばいいため、梱包したり運んだりする手間は無いでしょう。

出張買取では、店舗買取と同じく目の前で査定するため、交渉がしやすいです。

さらに業者によっては、社用車に屋号を入れていない車で出張してもらうことも。

買取業者が自宅へ来ていることを近所に知られにくいため、プライバシーを守れます。

気になる方は、問い合わせ時に相談してみましょう。

査定方法3.宅配買取

宅配買取は、不要な本を宅配業者を利用し買取店へ送り査定する方法です。

自身で本を梱包する必要はありますが、出張買取と同じく店に運ぶ必要がありません。

宅配買取を利用すれば、地方に住んでいる人でも物価の高い都心の買取店で査定できます。

そのため、地方で査定するよりも高い金額で売却できる可能性があるでしょう。

宅配買取は、査定時に対面したくない人や買取店が自宅から遠い人におすすめです。

【種類別】古本買取・査定のメリット

店舗買取・出張買取・宅配買取では、それぞれ利用するメリットが異なります。

古本買取は、量や自宅から買取店までの距離、現金化までの時間の確認が大切です。

メリットを把握しながら、自分に合った方法を見つけてみてください。

店舗買取のメリット

店舗買取のメリットは、以下の3つです。

  • 時間をかけずに買い取ってもらえる
  • 値段の交渉・査定理由を聞ける
  • 売却ついでに次の本も確保できる

買取を思い立ったら、すぐに店舗に持っていって査定してもらえます。

売却品の量や種類によって異なりますが、査定時間は早いと5分ほどです。

買取業者が目の前で査定するため、値段の交渉ができたり査定結果の理由を聞けたりします。

また、買取店では商品を販売しているため、売却ついでに次の本も確保できるでしょう。

買取店にいる従業員は、商品に詳しいため、本を売却しようか迷っている人は相談もできます。

出張買取のメリット

出張買取のメリットは、以下の3つです。

  • 自宅で完結できる
  • 一度に大量の査定・買取が可能
  • 価格交渉がしやすい

自宅にスタッフを呼んで、査定から買取まで完結できます。

買取店が自宅の近くにない人や大量に本がある人でも、簡単に買取できるでしょう。

女性や体に負担を掛けたくない人にも向いている方法です。

また、目の前で査定するため交渉がしやすいです。

仮に、査定結果に満足できない場合は買取を断れます。

宅配買取のメリット

宅配買取のメリットは、以下の2つです。

  • 配送するだけで済む
  • 自分の好きなタイミングで作業できる

宅配買取は、売却する品物を段ボールに詰め宅配業者に渡すだけで査定できます。

そのため買取店が自宅から離れていても問題ありません。

また、集荷の時間帯を自分で決めるため仕事や育児が忙しい人でも好きなタイミングで作業できます。

本の梱包は、スーパーやホームセンターで貰える普通の段ボールで問題ありません。

買取業者によっては、梱包キットを自宅へ送ってくれる場合もあります。

さらに、宅配業者の送料も買取業者が負担する場合が多いです。

【種類別】古本買取・査定のデメリット

次に、店舗買取・出張買取・宅配買取それぞれのデメリットを紹介します。

メリットが人によっては、デメリットに感じることもあるでしょう。

それぞれ理解したうえで、最適な方法を選択してください。

店舗買取のデメリット

店舗買取のデメリットは、以下の2つです。

  • 自宅に近い店舗でないと買取が難しい
  • 大量買取には向いていない

店舗買取は、自身で品物を買取店へ運ぶ必要があり、自宅の近くの店舗で買い取ってもらうのが現実的です。

選択肢が狭くなってしまうため、見積もり価格を比較したい方には向いていないでしょう。

また、本の量が多い場合、運ぶために車を手配します。

レンタル料などもかかってしまうため、赤字になることも。

折角、苦労して買取店へいっても査定に満足できない可能性もあります。

店舗買取を選択する際は、買取店までの距離や売却する品数の確認が大切です。

出張買取のデメリット

出張買取のデメリットは、以下の3つです。

  • プライバシーを守りにくい
  • 査定結果を断りずらい
  • 予定を空ける必要がある

出張買取は、買取業者が自宅へ入ります。

自宅へ知らない人を入れたくない場合、出張買取は不向きでしょう。

出張買取は目の前で査定するため、結果に納得できなくても断りづらいです。

さらに、買取業者が来るまで自宅に待機する必要があるため、1日の行動が制限されます。

宅配買取のデメリット

宅配買取のデメリットは、以下の2つです。

  • 時間が掛かる
  • 梱包作業に手間がかかる

宅配買取は、梱包作業の手間と現金化まで時間が掛かります。

送った本が買取業者に届いてから査定するため1週間くらい必要です。

また、査定から支払までの工程が多いため、すぐに現金化したい人には宅配買取は不向きでしょう。

宅配買取は査定後、後日メールで結果の連絡がきて同意すると銀行口座を振り込むシステムです。

査定が目の前でおこなわないため、結果に不信感を抱く人もいるでしょう。

さらに、宅配買取では、本をダンボールに詰める作業が必要です。

本が大量にあると、梱包作業や宅配業者に渡す作業に手間が掛かります。

古本を買取・査定する際のポイント4つ

買取・査定時に以下4つの気をつけるポイントがあります。

  1. まとめて売る
  2. 本を綺麗にする
  3. 本を丁寧に梱包する
  4. 付属品も一緒に売る

折角、売却するなら少しでも高く売りたいですよね。

4つのポイントを意識して、より高く売れるように対策しましょう。

ポイント1.まとめて売る

不要な本は、まとめて査定してもらいましょう。

シリーズ物は1巻~最終巻までそろえて査定してもらうことがおすすめ。

理由は、まとめて売ることで、買取店がお店に本を陳列した際に一気に読みたいお客さんにとって価値が生まれるためです。

また、値段が付きにくい以下の本でも、まとめて売ることで買取できるケースもあります。

  • 書き込みをしている本
  • 日焼けや経年によってできた傷や汚れがある本
  • 「ISBN」や「バーコード」がない本

状態によっては買い取ってもらえる可能性もあるため、1度お店に問い合せてみましょう。

家の中をくまなく探して、不要な本をできるだけ多く集めてみてください。

ポイント2.本を綺麗にする

不要な本を査定する前に、本を綺麗にしておきましょう。

古本買取の査定では、本の状態で評価が左右します。

本の汚れや悪い状態だと正しい評価は得られません。

気を付けるポイントは以下の5点です。

  • シミや汚れ
  • タバコや香水などの匂い
  • タバコのヤニ
  • 曲がり・破れ
  • 本のカバー

紙の部分は消しゴムでこすってみてください。

ビニールコーティング部分は、乾いた布でホコリを落とすようにしましょう。

また匂いやヤニを防ぐには、タバコを吸う部屋に本を置かないことが有効です。

もしも匂いを取りたい場合は、無香の消臭剤と本を袋に入れて、4〜5日間放置するなど試してみましょう。

ヤニや曲がり、破れなどは、そのままにしておいてください。

無理に直そうとすると悪化してしまう可能性があるためです。

本のカバーがないと買い取れない場合があるため、必ず付けて査定してもらいましょう。

ポイント3.本を丁寧に梱包する

宅配買取を利用する場合は、なるべく丁寧に本を梱包してください。

出張買取や店舗買取と違い、宅配買取は本を郵送する必要があります。

丁寧に梱包しないと、運搬中に本が曲がったり破れたりする恐れがあります。

梱包方法は以下です。

  • ガムテープを十字に貼る
  • 緩衝材で本をカバーする
  • 重い本は下にする

この3つに気を付ければ本が傷つくリスクが減ります。

大量の本を郵送する際は、1つの段ボールにまとめて詰めずに分けて入れるようにしましょう。

分けて詰める場合は、25㎏までを目安にしてみてください。

ポイント4.付属品も一緒に売る

本と一緒に付いてきた箱や付録などの付属品は、捨てずにとっておきましょう。

少しでも新品に近い状態だと、付属品を目的にしているお客様の購入につながります。

したがって、買取店からの評価が得られやすいでしょう。

付属品は、以下のものです。

  • CDやDVD
  • ポスターやカレンダー
  • 本のカバー

付属品がある場合には、購入時から大切に取っておいて、売るときに一緒に査定してもらいましょう。

自分に合った古本の買取・査定方法を選ぼう

この記事では、3つの査定・買取方法やメリット、デメリットを解説しました。

店舗買取・出張買取・宅配買取は、それぞれ特徴が異なります。

現金化までのスピードが早い買取方法は、店舗買取です。

店舗買取は、自身で店に品物を運ぶ必要がありますが、目の前で査定するため安心できます。

出張買取は、自宅に買取業者が来るため品物の梱包や店に運ぶ必要がありません。

宅配買取は、自分で梱包する必要がありますが、好きなタイミングで作業できます。

それぞれ、特徴が異なるため自身に合った選択が重要です。

不要な古本を現金化し、過ごしやすい環境を作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です