本の断捨離はどうやる?メリット5つやおすすめの処分方法を徹底解説

本の断捨離はどうやる?

断捨離ブームの昨今、家や実家にある大量の本を整理しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、本に愛着があると、なかなか断捨離も難しいですよね。

「大事な本を断捨離していいのだろうか?」と迷われる方もいるかもしれません。

今回の記事では、本の断捨離をしようと考えつつも迷われている方に向けて、断捨離のメリットと処分方法について解説します。

後悔しないためのポイントや、断捨離すべき本の見極め方についても合わせて解説するので、参考にしてみてください。

本の断捨離は難しい…本を断捨離するメリットとは?

本が好きで、大事にしている方ほど、断捨離は難しいものです。

しかし、本の断捨離には多くのメリットがあります。

掃除が楽になる

本好きな方だと本棚だけでなく、ベッドサイド・床・トイレなどあちこちに本が積み上がっているケースがよくあります。

本をいちいちどかして掃除をするのは大変ですし、掃除そのものが億劫になってしまいがちです。

本の断捨離をして、本の総数が少なくなれば、掃除は格段に楽になります。

読みたい本がどこにいったかわからない!」という事態も起こらなくなり、ストレスがぐっと少なくなります。

「読まなきゃ」という焦りから解放される

読みたくて買った本でも、読んでないままの積読本が増えてくると、読まなきゃいけない義務感が重圧になるでしょう。

断捨離して本当に必要な本だけを残せば、義務感や焦りから解放されます。

自分の趣味嗜好が再発見できる

本の断捨離をすると、自分の本当に好きな本が見えてきます。

断捨離をした後に残った本は、どんな種類でしょうか。

「ビジネス本をたくさん買っていたが、本当に好きなのはファンタジーだった」
「意外と時代小説が好きみたい」
「昔よりも海外SFが好きになってきたようだ」

このように、本を見ると今の趣味嗜好が再発見できます

これから本を購入する際も、参考になるのではないでしょうか。

本をきちんと管理・保管できる

本は多ければ多いほど、管理や保管に手間がかかります。

定期的にホコリを払ったり、状態を確認したりするのは非常に大変。

かといって本をしまい込んだとしても、湿気が原因でカビが生えてしまうリスクもあります。

断捨離し大事な本だけに厳選すれば、管理も簡単で汚れて読めなくなることも避けられます。

本の断捨離で後悔しないために。断捨離の注意点

本の断捨離にはたくさんのメリットがありますが、勢いに任せて処分してしまうと、後悔するおそれもあります。

断捨離をしようと考えたら、まず断捨離の目的をしっかりと見極めましょう。

断捨離時の注意点を紹介します。

1.自分にとって本がどういう存在かをよく考える

あなたにとって本はどういう存在でしょうか?

  • あると安心する存在?
  • 知識や情報を得るための存在?

どちらもありえますが、たいていの方はどちらか一方のスタンスが強い傾向にあります。

本そのものへの愛着が薄く、一度得た情報を再び本から引き出すことがめったにない場合は、保管しておく必要性はあまりないでしょう。

本が知識や情報を得るための存在であるならば、直感にまかせて断捨離を進めても問題ありません。

一方、本の手触りや重さ、匂いなども含めた「本そのもの」を愛している方の場合、闇雲に断捨離を進めるのは危険です。

勢いにまかせて、思い入れのある本まで捨ててしまうと後悔するおそれがあります。

自分にとってどんな状態が最も心地よく、本を大事に管理できるか改めて考えましょう。

2.残すべき本を知っておく

「今の自分にとって、この本は必要か?」を考える際、残すべき本の基準を頭に入れておくと、迷いが少なくなります。

特に残すべき本は以下の3種類です。

絶版になっているなど、希少価値の高い本

絶版になっている本や、市場に流通しなくなった本など希少価値の高い本は、一度手放すと二度と手に入れられないかもしれません。

希少価値が高く、思い入れがある本は、なるべく手元に残しておいた方がいいでしょう。

何度も読み返している本

何度も読み返すのは、その情報や内容を必要としている証です。

これからも折に触れて読み返す可能性が高いので、手元に残すべきでしょう。

表紙や装丁など、存在が好きな本

表紙、装丁など、紙ならではの良さが気に入っている本は、残しておくべきです。

電子書籍にしてしまうと途端に味気なくなってしまいますし、本棚の見栄えが悪くなってしまいます。

残した本を上手に整理する方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

本棚整理のポイントとは?スッキリかつ機能的な収納術を解説

断捨離すべき本の種類とは?

断捨離すべき本の種類

断捨離すべき本とは、今の自分に必要ない本です。

とはいえ、本好きな方だと、「今の自分に必要なくても、いつかどこかで使うかも」といった発想になりがちで、なかなか断捨離できないもの。

そこで、具体的に断捨離すべき本の種類を紹介します。

下記にあてはまった本は、今の自分だけでなく今後の自分にとっても必要ない可能性が高いです。
ためらうかもしれませんが、断捨離するとすっきりしますよ。

1.最後まで読めなかった本

読もうと思ったのに、最後まで読めなかった洋書や小説、漫画などはありませんか?

「名作だから一度は読まなきゃ」といった使命感でなかなか捨てられないケースは多いです。

挫折してしまった場合、読み返す可能性はほとんどありません

最後まで読めなかった本は、思い切って断捨離しましょう。

2.読めないほど状態がよくない本

思い入れがあっても、読めないほど状態がよくない本は、断捨離した方がいいでしょう。

読めなければ本の存在意義が薄れますし、そのままにしておくと紙魚(しみ)という虫が発生するおそれがあります

紙魚は紙が大好物の虫。

紙魚が発生してしまうと、大事にしている別の本まで被害を受けてしまうおそれもあります。

3.雑誌やビジネス本など情報が古くなっている本

雑誌やビジネス本は、鮮度が重要な本です。

情報が古くなると本を読み返す機会も減るため、断捨離するのがおすすめです。

特に雑誌は紙自体の強度も低く、長期保管に向いていません。

どうしてもとっておきたい情報があれば、切り抜いたりメモしたりして保存しておきましょう。

4.いつか勉強しようと思っている資格試験の本

いつか取ろうとしている資格試験の本や、語学の本なども、断捨離した方がいいでしょう。

「いつか」はいつまで経っても来ず、買っただけで満足しているパターンも多いです。

勉強しようと思った際に買いなおす方が、情報も新しく、合理的です。

5.電子書籍が出ている本

電子書籍が出ている本も、断捨離して問題ありません。

本自体がお気に入りの場合は断捨離しない方がいいです。

しかし情報が欲しいだけの本や雑誌ならば、電子書籍の方がいつでも読み返せて便利です。

スペースもぐっと節約でき、わずらわしさが格段に減ります。

今まで電子書籍を試してこなかった方ならば、この機会に試してみてもいいかもしれません。

6.読み返さなかった本

一度読んだだけで、読み返さなかった本も、断捨離の対象としてよいでしょう。

今の自分にとって必要な本は、自然と何回も読み返すはずです。

「いつか読み返すかも」と思うかもしれませんが、その際はまた買いなおしたり、借りたりすればいいのです。

7.存在を忘れていた未読本、積読本

未読の積読本も、たくさんあるのならば思い切って断捨離するのがおすすめです。

本を読む意欲は、買った瞬間が一番高く、時間がたつにつれ薄れていきます。

積読本がないと不安になる方もいるかもしれませんが、「読んだら買っていい」「積読本は10冊まで」などのルールを決め、上手に付き合いましょう。

断捨離した本のおすすめ処分方法4つ

断捨離していらない本を選別したら、次は処分方法です。

本を処分する際は、本の状態によって処分方法を変えるのがおすすめ。

それぞれの処分方法と、おすすめのケースを紹介します。

1.買取してもらう

一番のおすすめは、買取業者に買取してもらう方法です。

臨時収入にもなりますし、「誰かが読んでくれるかも」と思えば心理的にも手放しやすくなります。

値段がつかない本も引き取ってくれる業者が多いため、一回ですべて処分できるのも大きなメリットです。

店舗買取・宅配買取・出張買取とさまざまな方法があります。

本が大量にある場合は宅配買取か出張買取がおすすめ。

ただ出張買取はエリアが限定されている場合が多いため、エリア外の場合は宅配買取を検討しましょう。

【買取がおすすめの方】

  • 本が大量にあり、一気に処分したい方
  • 状態のいい本や新しい本など、売れそうな本が多い方

2.オークションやフリマアプリに出品する

特定の本を高く売りたいのならば、オークションやフリマアプリに出品するのがおすすめです。

オークションやフリマアプリは、買取してもらうよりも高値で売れる可能性があります。

  • 話題になっている本
  • 発売から日が浅い本やコミック
  • マニア向けの写真集や雑誌

こうした本があるのならば、出品を検討してみてもいいかもしれません。

ただ出品の手続きや売れた際の梱包は、かなり手間がかかります。
面倒に感じる人には向いていません。

【オークションやフリマアプリがおすすめの方】

  • 処分する本の保管場所が確保でき、処分を焦っていない方
  • 手間暇がかかっても、高値で本を売りたい方

3.寄贈する

児童書や絵本などは、図書館や保育園、児童施設などに寄贈するのも1つの手です。

児童書や絵本だけでなく、郷土資料や学術書、小説なども寄贈できる場合があります。

事前に問い合わせが必要であり、すべての本を処分できるわけではない点がデメリットです。

【寄贈がおすすめの方】

  • 自分の本を誰かの役に立ててほしい方
  • 本の処分を焦っていない方

4.ゴミと一緒に処分する

古くてボロボロな本は、ゴミと一緒に処分するしかありません。

縛って回収場所まで運ぶ手間がかかりますが、一気に本が処分できます。

ただあまりに大量の場合は断られる可能性もあるため、地域の回収ルールをきちんと確認してから処分するようにしてください。

【ゴミとしての処分がおすすめの方】

  • 本の状態が全体的に悪い方
  • 一気にまとめて処分したい方

断捨離した本を買い取ってくれるサービス3つ

断捨離した本は、できればお金にしたいと考える方もいると思います。

以下では、古本を買い取ってくれるおすすめのサービスを紹介します。

  • ブックサプライ
  • 澤口書店
  • リコーマス

それぞれ特徴を紹介します。

1.ブックサプライ

ブックサプライ」は、宅配専門で買取をしているサービスです。

定期的にキャンペーンを実施しており、タイミングが良ければお得に本を買い取ってもらえます。

さらに、本の寄付をすることも可能。

支払い方法で「寄付」を選択するか、査定金額が1,000円未満の場合は自動で寄付ができます。

自分が持っていた本を寄付するか迷っている方は、ブックサプライに依頼するのもおすすめです。

2.澤口書店

澤口書店」は、古本屋が立ち並ぶ神田神保町に店を構えています。

幅広いジャンルを得意としている書店です。

そのため、断捨離で出てきたジャンルがバラバラな本もまとめて買い取ってもらえます。

持ち込み買取だけではなく、出張・宅配買取にも対応しており、手数料は無料です。

大量買取もできるため、断捨離で多くの本が出てきた方におすすめです。

3.リコーマス

リコーマス」は、Amazonアカウントで利用できる宅配買取サービスです。

申込みをして売りたい商品を詰めて、集荷してもらうだけで簡単に買い取ってもらえます。

また支払いはAmazonギフト券のため、スピーディーな入金が可能です。

よくAmazonを利用する人にとっては、使いやすいサービスでしょう。

断捨離してお気に入りの本を大事にしよう

断捨離して本を大事にする

断捨離のメリット、断捨離の注意点、断捨離すべき本の種類、具体的な処分方法について解説しました。

本は、人生や生活を豊かにする存在です。

しかし、本が多すぎて管理できなかったり、本を大事にできていなかったりするのは本末転倒です。

大切な本を活かすためにも、断捨離して、一度本との付き合い方を見直してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です