学術書・専門書を高く買い取ってくれるおすすめ買取店舗8選を紹介

学術書・専門書を高く買い取ってくれるおすすめ買取店舗8選を紹介

勉学のために使っていた学術書や専門書は、不要になると「もう読まなくなったので処分したい」と思うかもしれません。

読まずに放置される本は商品価値も徐々に下がっていくため、価値があるうちに売ってしまうことをおすすめします。

しかし学術書や専門書の価値を理解していない買取店舗を利用すると、正しい価値がつかない恐れがあります。

せっかくお金を出して購入したなら、少しでも高く買い取ってくれる店舗を見つけたいですよね。

当記事では、学術書・専門書を正しい価格で買い取ってくれる店舗を紹介します。

記事後半には高く売れる学術書の特徴まで紹介しています。

ぜひ最後までご覧ください。

学術書とは

学術書とは

学術書とは、特定の専門分野を学習するための書籍のことです。

学術書と専門書は同義として認識されますが、主に以下のような違いがあります。

  • 学術書:専門的な勉強をする本(大学の教科書含む)
  • 専門書:学術書よりも丁寧に解説されている本

紹介方法は少し異なりますが、基本的には同じと考えて問題ありません。

学校で使う教材も学術書に含まれるため、学習を終えて不要になったものは一緒に買取してもらうと良いでしょう。

買取店舗によっては買取対象のジャンルが決まっていることもあり、事前に取り扱いジャンルをチェックしてください。

学術書の種類について

前述でも説明した通り学術書は幅広いジャンルがあるため「どこまでが学術書なのかわからない」という悩みを持った方もいるかもしれません。

一般的に学術書とは、以下のようなジャンルがあります。

医学・薬学・看護学、物理・化学・数学・生物学、社会・政治・法律、人文・思想、科学・テクノロジー、ビジネス・経済、アート・建築・デザイン、コンピュータ・IT、歴史・地理、教育

引用:【専門店が厳選】専門書買取でおすすめ10店と売る時のアドバイス|株式会社ブックスドリーム

名前の通り「学ぶための教本」は全て学術書に区分されるため、勉強するために利用したことがある専門的な書籍であれば全て該当すると理解して問題ありません。

上記ジャンルのほかにもありますが、基本的には上記の分類で書店員さんにも通じます。

学術書・専門書買取におすすめな店舗8選

学術書・専門書買取におすすめな店舗8選

学術書や専門書の買取におすすめの店舗は、以下の8店です。

  1. 専門書アカデミー
  2. 学参プラザ
  3. 澤口書店
  4. 松田書店
  5. VALUE BOOKS
  6. 藍青堂書林
  7. 教材ウリボー!
  8. 長島書店

それぞれの店舗の特徴を順番に解説します。

1.専門書アカデミー

専門書アカデミー

専門書アカデミー」は、大学の教科書や専門書、医学書を中心に取り扱っている買取サービスです。

試験や資格の参考書、問題集などを幅広く買取しており、不要になった学術書の売却をまとめてできます。

今まで27万件以上の買取実績と2,400万冊の取り扱い実績があり、学術書の価値を理解したスタッフが一冊ずつ丁寧に査定。

送料・手数料・処分料が全て無料で、梱包用の段ボールまでプレゼントしてくれるサービスもあります。

買取代金の受け取り方法として銀行口座振り込みだけでなく、Amazonギフト券、現金書留と好きな受け取り方法を選択できます。

2.学参プラザ

学参プラザ

学参プラザ」は、参考書や問題集、赤本を取り扱っている買取サービスです。

買取が難しい予備校テキストや教材の買取もしている点が特徴となっています。

10冊以上の買取なら全国送料無料です。

梱包用の段ボールも無料で送ってもらえます。

またLINEでの買取申し込みにも対応しており、査定結果も確認できます。

受験で使わなくなった参考書や問題集、予備校テキストを買取に出したい方におすすめです。

3.澤口書店

澤口書店」は、専門知識をもったスタッフが丁寧な査定をしてくれる買取店舗です。

澤口書店では哲学・心理学の分野と、みすず書房・法政大学出版局が出版している本は買取を強化しています。

買取方法は、

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

の3種類があり、自分のライフスタイルに合わせて選べます。

出張買取は離島を含む全国対応となっており、社長自ら対応してくれる点も魅力です。

年間平均1,500件の買取実績を誇り、信頼性が高く安心して買取を任せられます。

学術書のほかにも文学・歴史・戦記など幅広く買取対応しているため、他のジャンルの本をまとめて買取してほしい方にもおすすめです。

4.松田書店

松田書店

松田書店」は、ジャンルを問わず古本・古書の取り扱っている買取店舗です。

価値がわかりづらい古い学術書も専門知識をもったスタッフが丁寧に査定してくれます。

昭和の受験参考書や研究資料など古い学術書の買取に力を入れており、捨てようと考えていた本も意外な価格になることも考えられます。

LINE・メールから買取依頼ができ、お見積りも無料です。

宅配買取で自宅にいながらスムーズに配送・査定・入金まで済ませられます。

古い学術書の買取を考えていたり遺品整理に悩んでいたりする方におすすめです。

5.VALUE BOOKS

VALUE BOOKSVALUE BOOKS」は、価値のある商品を厳選して査定できる買取サービスです。

「本棚スキャン」という独自サービスがあり、スマホで本をスキャンすれば見積もり価格を出せる点が最大の特徴です。

宅配買取には1箱あたり500円の送料がかかりますが、他店舗よりも査定額が高い点が魅力です。

買取には会員登録が必要ですが、一度登録しておけば2回目からは入力不要です。

学術書だけでなく漫画やCD・DVDなど幅広いジャンルの買取ができるため、不要なものをまとめて買取に出したい方におすすめです。

6.藍青堂書林

藍青堂書林

藍青堂書林」は、学術書・専門書を中心に取り扱う古本買取サービスです。

大量の専門書買取・引き取りに対応しており、知識豊富な店主が査定します。

今まで1,000冊以上の大量買取実績もあるため、1人では対処できない数量でも買取をしてくれます。

藍青堂書林は大阪市に店舗を構えおり、大阪であれば即日・無料で出張買取が可能です。

大量買取の場合は、兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県・滋賀県の近畿県内で対応しています。

買取不可の本でも引き取れるため「価値がつかなくても引き取ってほしい」という要望にも応えてくれます。

価値がわからない本もしっかり査定して、まとめて買取してほしい方におすすめです。

7.教材ウリボー!

教材ウリボー!

教材ウリボー!」は、学術書をはじめ資格教材、受験教材、幼児教材などを取り扱う買取サービスです。

絶版になっている学術書やほかの古本店では取り扱っていない書籍も、価値をつけてくれます。

学術書のなかでも工学関連や法律関連、哲学関連は高価買取をしています。

また軽度の汚れや手垢などが付いている学術書でも、問題なく買取できます。

宅配買取では初回無料で段ボールを送ってくれるため、準備する手間が省けるでしょう。

査定額が2,000円以上であれば手数料・手数料・送料が無料で、まとめ売りするときに向いています。

定期的にキャンペーンも実施しているため、ホームページをチェックしてから申し込みましょう。

費用をおさえて学術書をまとめ売りしたい方におすすめです。

8.長島書店

長島書店

長島書店」は、古書・古本を中心に取り扱っている買取店舗です。

創業から100年以上営業しており、歴史ある実績がある店舗となっています。

学術書はもちろん、歴史的に古い書籍の買取を得意としています。

江戸時代から昭和までに作られた古い本を買い取ってほしい方におすすめです。

一般的な古書店では査定が難しい本も幅広く取り扱っており、正しい価値を見出してくれます。

買取方法は、宅配買取・出張買取・店頭買取の3種類に対応ているため、日本全国から古本買取を受け付けています。

出張買取では東京をはじめ、千葉県・埼玉県・神奈川県などの近県であれば無料で出張買取をしてくれることも魅力の1つです。

歴史的に古い学術書の買取をしてほしい方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

高く売れる学術書の特徴3つ

高く売れる学術書の特徴3つ

高く売れる学術書には、以下の共通する特徴があります。

  1. 希少性が高い
  2. 発売から新しい
  3. デザインや医学関連の学術書

それでは順番に説明します。

1.希少性が高い

学術書はジャンルによって価値の変動が大きいですが、歴史的に貴重な本は価値が高い傾向にあります。

例えば、江戸時代や戦前の学術書は今では手に入れたくても難しいため、一部のコレクターや学校機関からの需要が高いです。

また出版数が少なく、入手が困難な本も高価で取引されます。

古いだけや需要がないと思っていた書籍も思わぬ価値がつくことあります。

まずは買取店舗に持っていって、査定に出してみましょう。

2.発売から新しい

学術書や専門書は、基本的に新しいものほど高くなりやすい傾向にあります。

学ぶ側は常に新しい情報を求めていおり、現在に役立つ情報が記載されている方が好まれます。

とくにITや経済、ビジネス書は新しい情報に敏感なジャンルで、発売から新しい学術書のほうが需要が高いです。

すでに学習を終えて読まなくなった学術書は、なるべく早いうちに売りましょう。

3.デザインや医学関連の学術書

学術書のなかでもデザインや医学関連は価値が落ちづらいジャンルです。

いつの時代でも必要で勉強する人が多いジャンルは常に需要があり、時代に左右されず価値も変動しません。

逆に今では手に入れづらい本であれば価値は上がっていくものもあります。

処分したい学術書は買取査定に出しましょう

処分したい学術書は買取査定に出しましょう

今回は、学術書・専門書の詳細からおすすめの買取店舗、高く売れる特徴まで紹介しました。

買取店舗によっては学校や講座で利用したテキストや問題集、赤本なども買取ができ、不要な学術書をまとめて売れます。

多少の傷や汚れがあっても買取対象になる店舗は多いため、まずは気軽に買取査定へ出してみることをおすすめします。

もしも買取サービスで迷っている場合は、今回紹介した8つのお店を比較し選んで見てください。

当記事が学術書の買取に悩む方にお役に立ったなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です